月別に読む   最近の記事   カテゴリー   プロフィール   スマホ版
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.09.12 Thursday

各部部長からこんにちは


2013.05.02 Thursday

新理事長インタビュー

新理事長インタビュー01
続きを読む >>
2012.01.08 Sunday

新事務所で初理事会

2011.10.06 Thursday

書記局のお仕事

2011.01.25 Tuesday

童美連事務所

2010.04.06 Tuesday

新理事会

2009.04.21 Tuesday

雨の理事会 2009.04.21

2008.06.03 Tuesday

事務局・広報部 のらくら遠足

2008.02.06 Wednesday

事務局突撃レポート第2弾

事務局突撃レポート第2弾

年が明けた某日、広報部のピックス班は事務局へ潜入、突撃レポートに成功!
初めて事務局を訪問したもう一人のトピックス班Fさんは
「事務所の部屋の余りの狭さに驚きましたが、居れば居たで、だんだんとなかなか居心地の良い空間に思えてきました。なんとなく隠れ家っぽい雰囲気が、そう感じさせるのかも知れませんね」と、目を輝かせた。
ハード(オフィス)は狭いがソフト(受け皿)は広いのが童美連事務局である。
そしてそのソフトこそ事務局長で画家の樋口大寒氏。
事務局の仕事は前回のレポート(http://www.dobiren.org/kouhou-topic04.htm
でも報告があったとおり、毎月の理事会の準備、報告の他に著作権や会員への問い
合わせや新入会員の手続き等だが、年度末が近い今は役員選挙や総会に向けての
諸準備もあり、新入会員希望者も例年に比べて多く、かなりの仕事量。
今までも童美連の歴史や創立当初の会員の記録などをデータ化して童美連の活動を
より効率的にするなど、ミスも少なく的確にてきぱきと仕事をこなす樋口さんの
おかげで会員は随分助かっている。
そんな樋口さんだが、昨年まで樋口さんの片腕として事務局をサポートしてくれた
古川陽子さんが退職され、一人では風邪も引けない…ということで、
現在アルバイトを募集中〜!  

 

◎現在事務局宛てに大量の迷惑メールが入ってくるそうで、
大事なお問い合わせ等のメールを間違えて削除しないため
にも件名には用件か名前をはっきり書いて送ってください
とのこと。
また、時間外のお問い合わせは控えてくださいね。
特に童美連会員!
ご協力ヨロシクお願いします!
(文 広報部・はんだみちこ)

 
2007.02.07 Wednesday

童美連事務局突撃レポート

● 童美連事務局突撃レポート

 事務所のあるマンションの入口

2月1日(木)晴れ 午後3時。突撃隊は 京王井の頭線、永福町駅から徒歩2分で事務局のあるマンション2階に到着。
ドアを開けると
樋口大寒さんと事務員の古川陽子さんがまじめな顔でパソコンに向かい仕事中。

  
WHO'S WHOを売ろう!!

せまい感じがするのは荷物が多いせい?なんと、WHO'S WHOの山。
置く場所がないのでテーブルの脚をとりはらい、WHO'S WHOを脚のかわりに積んである。
樋口さんは、WHO'S WHOを売って在庫をできるだけ少なくしたいと。
グループ展、個展などでは、ぜひWHO'S WHOを会場におきましょう。
部屋を少しでも、広く使うためにも会員のご協力をお願いします。

事務局の仕事でたいへんなのは、毎月の理事会の会場とり、セッティング、理事会のテープおこし。理事会報告を見ていただくと、おわかりでしょうが発言者の名前が入っています。マイクの近くにいるのに録音テープの声が聞き取りにくい人、声の小さい人、あとで聞いて誰だっけと考え込む声の人。
そのテープおこしをしてからパソコン上での校正作業。長年の経験で慣れたとはいえ、いや〜たいへんそう。

 
発送直前の理事会報告

もうずいぶん前に会員のイラストレーションを着物の帯のデザインに無断で使われたことがありました。樋口さんが帯を売っている店、問屋、そのまた上の問屋、実際に帯を作っている業者まで順に遡り、内容証明を送り解決した話。そのとき問屋の担当者がアポなしで事務局にたずねてきました。
当時は木造二階の畳敷きの事務局、みてびっくり!あまりのボロボロの古さに─。
それにくらべると新しく移って、樋口さんと共同の部屋から独立して5年になる現事務局は立派なものです。
著作権の問題とか、会員の皆さまの困ったこと、相談したいことなどありましたら、なんでも樋口さんに相談を。なんでも解決してくれます。
ただ結婚、恋愛、男女間のいざこざは受け付けないそうですよ。

インタビューも6時になったのでオシマイ。
みんなで、ひみつの居酒屋「月とすっぽん」でカンパーイ。おつかれさま。



(文 本信公久)


● 事務局からのコメント
「木造二階の畳敷きの事務局」というのは童美連が初めて持った事務所でした。それまでは「事務所」という役務の理事の個人宅でした。何となく立派な名称の団体の事務所が6帖一間、玄関からトイレから共同のアパートの一室というのは、外部の人はさぞかしびっくりしただろうな〜、と思います。







Powered by
30days Album